リモートワークについて

Pocket

近年、1ヶ所のオフィスに集まらず、各自が各々の場所で仕事をする「リモートワーク」という新しいワークスタイルを導入する企業が徐々に増えています。
そこでまず、「リモートワーク」って何?という方も多いのではないでしょうか。一言でいえば「在宅勤務」のこと、所属している会社のオフィスではなく自宅で働くワークスタイルのことを指すものです。今回は、リモートワークについて概念など詳しく見ていきましょう。

◆そもそも、リモートワークとは何なのか?
「リモートワーク」とは、在籍する会社のオフィスに出社せず、自宅やレンタルオフィスなど離れた場所(リモート)で業務を行う新しい勤務形態の事を指す言葉です。
リートワークは一般的に、ITなどの業種でエンジニア、デザイナーとして勤務している人を指す場合が多く、会社員として勤めながら、自宅やオフィス以外の場所で働くという人も多いのではないでしょうか。
インターネットとITを駆使し、場所に縛られず自由に働く場所を選ぶことができるワークスタイルです。そこで注目されているのが、介護や子育て、地方移住といった問題を解決する可能性を秘めているからです。

◆「在宅勤務」「テレワーク」との違いは?
同じ意味で使われている言葉に「在宅勤務」と「テレワーク」があります。
在宅勤務とは、文字通り自宅で働くスタイルの事を指しますが、それ以外のことは何も示していません。内職の様な仕事で働くことも在宅勤務と言えばそうなります。そのため、表層から見た働き方を示した言葉が在宅勤務となります。
一方、古くから「テレワーク」という呼称を用いることがあります。テレワークは、テレ(tele=遠方の)ワーク(work=働く)と言う意味で、「遠く離れて働く」となります。
基本的には、会社員として勤務している人が例外的に自宅で働くワークスタイルを指します。リモートワークとの違いは、単純に呼び方が古いか新しいかの違いだけです。
ちなみに、テレを「電話のTEL」と勘違いされる方も多いようですが、「遠方の」というのが正しい意味です。

◆リモートワークのメリットとデメリットを理解しよう
リモートワークとは何か理解できても、どんなメリットやデメリットがあるのか知りたいですよね。簡単にまとめたものを見ていきましょう。
◇メリットについて
 ➀通勤時間が節約できる
  まず、分かり易いところから単純に、通勤時間が全く掛からないということです。
  他にも、満員電車のストレスも軽減できるし、台風・大雨・大雪の日に無理をして出  
  勤する必要もありません。

 ➁生活のスタイルを柔軟にできる
  お子様がいらっしゃる方や介護や看病をしている方、または自身の体調など、できれ  
  ば家に居ることできたら、という場合にも柔軟に対応することができ、ストレスを感じることなく仕事をすることができます。
 ➂時間の制約から解放される
  リモートワークを取り入れることで、「仕事の時間」「休息の時間」の繰り返しを細かく切り替えることができるようになります。朝の用事を終わらせてから仕事に取り掛かることも可能なのです。

◇デメリットについて
 ➀孤独を感じる
  最初は一人の方が気楽だと感じていても、一人っきりだという孤独を感じて辛くなることがあるかもしれません。
 ➁誰が何をしているのか分からなくなる
  離れた場所(リモート)で働いていると、誰が何をしているのか分からなくなることが頻繁にあるようで、実際にリモートワークをしている多くの方達が、多かれ少なかれコミュニケーションで苦労するという経験をしているようです。

今回は、リモートワークの概念やそのメリット・デメリットを見てきましたが、言えることは、家で一人で働くため、コミュニケーションを取る方法も一緒に考える必要があることです。会社と言う組織で働く以上、一人だから何をしているのか分からないようでは問題があります。リモートワークの仕組みをしっかり理解することが大切ですね。